受付時間

のぞみ鍼灸整骨院 03-5632-8288

アクセス

腱鞘炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 手を使うことが多い
  • 手を使うを手首が痛む
  • 物を持つと手首が痛い
  • 親指を動かすと痛い
  • 子供の抱っこが多い・増えた

腱鞘炎とは

腱鞘炎の主な原因は使いすぎです。

様々な場所に起きることがありますが、中でも多いのが「ドケルバン病」と言われる親指の付け根に痛みが起きる腱鞘炎です。

親指の曲げ伸ばし、開く動作の繰り返しにより腱に過度な負担がかかり炎症を引き起こします。

 

検査法として、フィンケル・シュタイン・テストというものがあります。

親指を中にしてグーを作り小指側に倒します。

この時に親指側の手首に痛みが増悪した場合、陽性となります。

 

当院での治療としては、負担がかかってしまっている筋肉へのマニプレーション、炎症を鎮めるため、治癒を早めるたの超音波治療や灸治療、痛みが強い場合にはテーピング治療などを行っていきます。

早期回復には安静が一番ですが、安静にしづらい場所でもありますので、もしなってしまったら出来るだけ早めに治療をおすすめします。

お問い合わせ

のぞみ鍼灸整骨院へのお問い合わせ

のぞみ鍼灸整骨院 03-5632-8288

住所
〒136-0077
東京都江東区南砂3-5-10-101
アクセス
東京メトロ東西線の南砂町駅から徒歩7分

受付時間